風俗営業とは?


「風適法」(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)により、
バー・スナック・キャバクラ・ガールズバー・メイド喫茶などで、従業員による
客への
『接待行為』が行われるお店には『風俗営業許可』が必要になります。性的サービスを行うお店はこちらの許可ではできません。
また、その営業の形態や営業施設によって許可の区分は下記の通り8種にわけられています。

 
区分 業務形態
1号  キャバレーその他設備を設けて客にダンスさせ、
 かつ、客の接待をして、客に飲食させる営業。
キャバレー
2号  待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の
 接待をして客に遊興または飲食させる営業。
クラブ・パブ
スナック
キャバクラ 
3号  ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、
 かつ、客に飲食させる営業。
ナイトクラブ
ディスコ 
4号  ダンスホールその他設備を設けて客にダンスさせる
 営業。
 (1号、3号、ダンス教室を除く)
ダンスホール
5号  喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食させる営
 業で客席における照度を10ルクス以下としてする営業。
6号  喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食させる営
 業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広
 さが5u以下である客席をもうけてする営業。
7号  マージャン屋、パチンコ屋その他設備を設けて客の射
 幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業。
マージャン屋
パチンコ屋 
8号  スロットマシーン、テレビゲーム機その他の遊技設備
 で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれ
 のある遊技に用いることができるものを備える店舗その
 他、これに類する区画された施設において当該遊技設
 備により客に遊技させる営業。
ゲームセンター


・1号営業            
  ダンス・接待・飲食ができます。

・2号営業
  接待・飲食はできますがダンスはできません。

・3号営業

  ダンス・飲食はできますが接待はできません。

・4号営業

  ダンスはできますが、接待・飲食はできません。

・5,6号営業
  飲食はできますが、ダンス・接待はできません。

・7号営業
  ダンス・接待はできませんが、飲食はできることもあります。

・8号営業
  ダンス・接待・飲食はできません。


営業施設の要件


  @客室1室の床面積を、9.5u以上とすること。
Aダンスができる空間、設備を有しない。 
B客室内部に見通しを妨げる設備を設けない。
C善良の風俗を害する写真・広告物を置かない。
D客の出入り口に施錠設備を設けない。ただし、営業所外に直接
  通じる客室の出入り口についてはこの限りではない。
E営業所の照度を20ルクス以下にできない設備を有すること。
F騒音・振動の数値が条例で定めた数値をこえないようにする
  構造、設備を有すること。


提出する書類


@  深夜酒類提供飲食店営業開始届
A  営業の方法を記載した書類
B  営業所の平面図および周囲の略図
C  住民票(個人の場合)
D  定款・登記事項証明書・役員住民票(法人の場合)



御相談は無料ですお気軽にご相談ください。


      行政書士 野村ようすけ事務所
〒170-0002
 東京都豊島区巣鴨3‐13‐18コーポ巣鴨B201 
TEL
 03−3576−5343
MAIL
 nomu.zimu@gmail.com

Google

御相談は無料です
お気軽にどうぞ。

      電話番号   
   03−3576−5343

御相談メールは
こちらからどうぞ







inserted by FC2 system