遺言書を残す意味


遺産相続には、残念ながら、相続分などについてしばしばトラブルが起こる事があります。
肉親達が、自分が亡くなったあと、無用な諍いを起こすことがないようにするために、
最良の方法として、自らの意思を具体的に書き記しておくことは大切な配慮だと思います。

最近では「直葬」や「散骨」などご自身の葬儀の方法についてこだわる方も多くいらっしゃり
いますので、ご希望をきちんと伝えるためにも遺言書を作成しておくのは良いことだと思い
ます。

また、お正月などの1年の始まりに、身を引き締める為に書き記す方もいらっしゃいます。

なお15歳以上であれば作成した遺言書には法的効果が生じます。

遺言書の形式については民法で定められています。

自筆証書遺言  遺言の『全文』『日付』『氏名』を自筆し、これに押印する。
 (日付のないもの、録音・ワープロはダメです)
公正証書遺言  公証役場で、2人以上の立会人の下、公証人に口述し、
 公正証書にする。
秘密証書遺言  封印した遺言書を、公証人に提出する。
 (遺言者の署名押印があれば、『全文』『日付』は自筆でな
 くてもよい)



遺言でできること・できないこと


出来ること 出来ないこと

認知、相続分や遺産分割方法の指定
相続人の廃除・欠格、遺贈 など

法定の事項に当たらないものは法的な
効果はありません。。
(「兄弟みんな仲良く」 など)



御相談は無料です。お気軽にご相談ください。


      行政書士 野村ようすけ事務所
〒170-0002
 東京都豊島区巣鴨3‐13‐18コーポ巣鴨B201 
TEL
 03−3576−5343
MAIL
 nomu.zimu@gmail.com

Google

御相談は無料です
お気軽にどうぞ。

      電話番号   
   03−3576−5343

御相談メールは
こちらからどうぞ







inserted by FC2 system